相続関係説明図の作成

相続関係説明図とは、亡くなられた方(被相続人)と、全相続人との関係を図であらわしたものです。

書式の指定は特にありません。

不動産の相続手続をする際、その不動産の所在地を管轄する法務局(登記所)に相続登記申請を行うことになりますが、その際、必要事項を記載した相続関係説明図を一緒に提出することで、除籍謄本、戸籍謄本等の原本を、登記完了後にすべて返却してもらえます。

この相続関係説明図を完成させるためには、除籍謄本、戸籍謄本等の記載を確認し、全相続人を確定して記載した上、「婚姻」、「出生」、「養子縁組」、「死亡」等、相続関係に影響を及ぼした原因を記載し、遺産分割によりその財産を相続しない相続人には「分割」、相続する相続人には「相続人」等を記載します。

わかりやすくする観点から、「離婚」、「離縁」等により相続人でなくなった方も、原因とともに記載する方が良いときがあります。

相続関係説明図の作成

 

全相続人を確定する必要があることから、亡くなられた方の出生から死亡に至るまでの戸籍を確認しなくてはいけません。

出生当時の戸籍は、かなり古いものになる可能性があり、文字を読むだけでもなかなか難しいです。

その中から、認知された子供がいないか、養子縁組がないかなどを確認する必要があります。

万一、一人でも相続人を見落としていますと、すべての手続をやり直す必要が出てきますので、この相続関係説明図の作成は、根本的なものとして非常に重要です。

当事務所にて、除籍謄本、戸籍謄本等一切を収集し、相続関係説明図の作成をいたします。

 

遺産整理業務 関連ページ

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0663040646電話番号リンク 問い合わせバナー